ゴルフというスポーツはプロにもアマチュアにも初心者にもすべて平等

ゴルフはすべてのプレーヤーに平等

OBだと思ったボールが、木に跳ね返って、打ちやすいところに出てきた、こうしたラッキーな場面にも遭遇するでしょうし、反対にアンラッキーな場面にも遭遇するはずで、そんな場面では、初心者のあなたはどんな気持ちになるでしょう。多分、慌ててしまっい頭の中が真っ白になってしまい、普段どおりのことができなくなってしまうはずなのです。

 

ゴルフとは、そのようなことが随所で起こりえるのです。要は、自分の心の中にそうした現実をどのように受け止めるかの問題で、ラッキーは当たり前で、アンラッキーは不幸だと思ってしまう初心者は、そこで、「自分にはツキがない」と思い込んでしまうのです。

 

ゴルフというスポーツはプロにもアマチュアにも初心者にもすべて平等ですから、ラッキーとアンラッキーは同じように訪れ、2回ラッキーがあれば、2回アンラッキーは訪れてきます。そのようにいつも心に思っていれば、いちいち落ち込むこともなく、動揺もしなくなるのです。その場その場で、一喜一憂することなく、自分を信じ、「前にいい思いをしたのだから、これは仕方がないのだ」という精神状態を保てば、ゴルフは必ず少しずつ前進するスポーツなのです。

初心者は見栄と自分の腕以上の高望みを捨てること

初心者は、見栄と自分の腕以上の高望みを捨てること、この、心の不純物を捨て、心に純度の高い、まだ初心者なのだから、とよいイメージを持つことが大切なのですが、ここでは、心が舞い上がってしまい、冷静にはなれないのが初心者なのです。また、反対の場合もあり、自分の実力以上のことが起きたのは、単なる偶然でつまり運がよかっただけで、その、運をまた得ようとするのは傲慢な欲で、欲がでたら、初心者は、それを捨てるべきで捨てる練習をすればいいのです。

 

初心者の方は、プロゴルファーは、器用で繊細な心を持ち、感覚が優れた人たちと思ったことはありませんか?、でも決してそんなことはありません、彼らはそれなりの訓練をしていて、その訓練が一般のゴルファーに比べたら多いだけなのです。

 

ですから、初心者は心に余裕を持ち、自分が練習してきたことに、自信を持ち、ゴルフに関しては自惚れをもって、「真っ直ぐ飛ばすんだ」の気持ちより「真っ直ぐ飛ぶんだ」の気持ち、グリーンの上では、10メートルのパットは「入るんだ」と思うことが大事なのです。いいかえれば、ボールを打つ前に、いい予感を自分に与えてしまうことが大事で、「・・・・・かなー?」とか「あっちへ飛んだらどうしよう・・・」というイメージを絶対に持たないことが上達の早道なのです。

 

どうですか、こうしたことの連続は、なにか人生に似ていませんか。こうした様々なことが、ゴルフは人生といわれる所以なのです。

ゴルフはプロにもアマチュアにも初心者にもすべて平等関連ページ

ゴルフは心の持ち方次第で成績はよくも悪くもなる
ゴルフは、心のスポーツで、心の持ち方次第で成績はよくも悪くもなる場合がとても多く、ゴルフには心の持ち方が一番大切で、初心者はゴルフは難しいとよくいわれますが、初心者は心の持ち方が分からないことが多いためなのです。
ゴルフ初心者の心得
ゴルフは止まっているボールを打つのですから、非常に単純には見えますが、実は奥の深いスポーツで、単なる運動だけではなく心の持ち方が常に要求されます。その証拠にプロゴルファーにしても大失敗もあり、スランプにも陥ってしまうことすらあるのです。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ