マナーを守って礼儀の正しいゴルフを

ゴルフの発祥は紳士の国イングランドといわれていて、マナー、エチケットについてはとてもやかましくいわれているスポーツといわれています。ゴルフのゲームはプレーする人が、他のプレーヤーに対しての心配りを忘れずに、マナーとルールを守ってプレーをするという、誠実さが大切にされます。そして、ゴルフの規則を守り、礼儀の正しさとスポーツマンシップにのっとり、洗練されたマナーで行動することが精神なのです。

ほとんどは普段の常識のマナーの範囲

ゴルフをする上での特殊なマナーはありますが、それ意外は、難しく考える必要はそれほどありません。普段日常生活の中で、「常識」の範囲ですから、「人に迷惑をかけない」が、その底流なのです。そして、ここまで生活の水準があがり、海外旅行も一般的になった現在、マナーはすでに皆さんが身につけていますので、特別に構える必要はありません。

ゴルフで守るべき最低限のマナー

初心者の守るべき最低限のマナーとしていえることは、基本は人に迷惑をかけたり、危険と思わせる行為はしないということですから、これから、快適にゴルフを楽しむ初心者の方々に、主だった事柄をご説明しておきましょう。

 

まずは、遅刻はエチケットに反しますから、スタート時間の1時間前にはコースに到着するようにして、準備を整えることが、必要で、遅刻は一緒にプレーする方に迷惑がかかるだけではなく、次にスタートする組以降の多くの方々に迷惑をかけてしまいますので、マナー違反になります。

 

特に初心者は早めにコースに到着し、見るもの、触れるものすべてが物珍しく感じるでしょうから、クラブハウスを見学したり、軽い朝食をとったり、コーヒーなどで、ブレイクして、高まった気分を抑えるゆとりを持ちたいものです。

 

スタート前の体馴らしのために、周囲の安全を確認し、前後左右を確認したうえでのスイングの練習をするのですが、間違っても人の間近かでの素振りは絶対にしないことに気をつけることが大切です。

マナーを守って礼儀の正しいゴルフを関連ページ

ゴルフ初心者が犯しやすいマナー違反
初心者は、自分がどのくらい飛ばせるかは、だいたい覚えておくことが大切で、前の組のプレーヤーが、自分の飛距離より遠くに行ったのを確認してから打つ(ショット)習慣をつけましょう。
ゴルフプレーヤーは同時に審判でもある
ゴルフには他のスポーツと決定的に違う難しさがありますが、それは審判が一緒について回ってくないことで、たとえ初心者であっても、あくまでもセルフジャッジといって、18ホールの全てを自分が自分で審判をすることで、プレーヤーはプレヤーであると同時に審判でもあるのです。
OBなどのトラブルが発生した場合の救済方法
ゴルフにはときとしてミスショットで次のボールを打つことが不可能などのトラブルが発生します。トラブルが発生した場合の最低限の救済方法の決まりごとで、殆どのコースで共通の救済方法としては以下のことが挙げられます。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ