ゴルフ初心者が犯しやすいマナー違反

人がショットを打つときは静かに

プレーをする場合には、打つ人の邪魔にならないように静かにすることがマナーです。自分が打つ時にわかりますが全神経をボールに集中するので、傍で動いたり、話をすることも厳禁で、気をそらすようなことはマナー違反となります。

 

また、打つ人のまえには決してでないようにしましょう。どんなに上手な人でも、手元に狂いはありますから、自分自身が怪我に見舞われない可能性もありますし、打ってしまった方にも重い気持ちを味合わせてしまいますので、前にでることは厳禁です。

自分の飛距離を覚えておく

自分がどのくらい飛ばせるかは、だいたい覚えておくことが大切です。前の組のプレーヤーが、自分の飛距離より遠くに行ったのを確認してから打つ習慣をつけましょう。もし、仮に前方のプレイヤーに危険だと思った瞬間には、全員で「フォアー」と言う声をけて、前の組に注意を促す必要があります。

ボール探しは5分以内がマナー

ボールが思わぬ方向に飛んでしまい、林の中や、深い草むらの中に入ってしまった場合に、皆がボールを探すことになります。ルールでは、そのボール探しは5分以内と決められていますから、それ以上は探すのを諦めなければなりません。その場合には紛失球といって、その辺から打つのではなく、前の場所まで素早く戻り打ち直すことが要求され、そのホールの上がった数に罰だとして、1打が加えられ、あなたがそのホールを7打でホールに入れたとしたら、プラス1で、8になるわけです。

後続が追いついてしまったら譲る

ゴルフ初心者はプレーを迅速にすることが大事で、クラブを2〜3本持って、走り回るぐらいの覚悟が必要です。9ホールを最大でも二時間以内に回りきる必要があります。また、あなたの組が初心者が多く、時間がかかり、後続の組の方々が、追いついてきてしまった場合には、お先どうぞといって、先に行って(パス)もらうことがマナーです。

 

芝を深く削ってしまった場合は

ゴルフ初心者にありがちですが、芝を深く削ってしまう場合が多くあります。その場合には、後のプレーヤーにたいする心遣いが大事ですから、削ってしまった芝を元に戻し、間違っても穴を開けてしまったままにはしてはいけません。なぜなら、後続の方のボールがその穴に入ってしまった場合には、非常に難しい技術を要求されてしまい、そこで、後続の方は1打、あるいは2打余計に打つする可能性が生まれ、迷惑をかけてしまうからです。

 

バンカーには飛び降りない

バンカーに入った時には、縁を傷つけたりしないように土手が低くなっている場所から入るのが鉄則です。高い場所から飛び降りたりするのは、マナー違反となります。バンカーでは、自分の足跡が必ずついてしまうので、付近に必ず置いてある「バンカー馴らし」を使い、キレイに慣らして元の状態にしましょう。

 

グリーンを痛めたらグリーンフォークを使用

グリーンは、コースの中で、一番デリケートな場所ですから、走ったり、足を引きずったりするのはマナー違反です。グリーンは柔らかいですから、遠くから飛んできたボールの跡がある場合があります。そんな時には自分のボールに邪魔になる場合がありますから、凹んだ部分は、グリーンフォークで直すことは自由です。グリーンフォークはスタートハウスに常備されていますから、スタートする時には必ず携帯しましょう。

 

グリーン上のマナー

一緒にプレーしている人全員がグリーンにボールを乗せた場合には、穴(ホール)から一番遠くにボールのある人から順次ボールをホールに打っていきます。最初にホールに入れた人が旗ざおを持ち、全員が入れたら素早く旗ざおをホールに差し戻して、素早くグリーンを立ち去るのがマナーです。また、初心者にはよく見受けられますが、自分のボールから穴(ホール)までの距離を測ったり、傾斜を読んだり、かなり時間をかける人がいます。プロゴルファーではないので、ゴルフ初心者が時間をかけてラインを読んでも結果はたかが知れています。他のプレーヤーを考え、素早くプレーすることが必要です。

 

特に難しく考える必要はなし

いままでお話したことの基本は、あくまでも人に迷惑をかけないの精神で、普段の社会生活の中でごく自然に振舞っている行動の延長線上にあるエチケットとして殆ど変わりがないと思います。

 

特に難しく考えることは必要なく、あくまでもまわりの方々に迷惑をかけないようにして、マナーを守ってあるがままに振舞って楽しく、自分なりのプレーをすればいいのです。

ゴルフ初心者が犯しやすいマナー違反関連ページ

マナーを守って礼儀の正しいゴルフを
ゴルフのゲームはプレーする人が、他のプレーヤーに対しての心配りを忘れずに、マナーとルールを守ってプレーをするという、誠実さが大切にされます。そして、ゴルフの規則を守り、礼儀の正しさとスポーツマンシップにのっとり、洗練されたマナーで行動することが精神なのです。
ゴルフプレーヤーは同時に審判でもある
ゴルフには他のスポーツと決定的に違う難しさがありますが、それは審判が一緒について回ってくないことで、たとえ初心者であっても、あくまでもセルフジャッジといって、18ホールの全てを自分が自分で審判をすることで、プレーヤーはプレヤーであると同時に審判でもあるのです。
OBなどのトラブルが発生した場合の救済方法
ゴルフにはときとしてミスショットで次のボールを打つことが不可能などのトラブルが発生します。トラブルが発生した場合の最低限の救済方法の決まりごとで、殆どのコースで共通の救済方法としては以下のことが挙げられます。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ