ゴルフプレーヤーは同時に審判でもある

ゴルフには他のスポーツと決定的に違う難しさがありますが、それは審判が一緒について回ってくないことで、たとえ初心者であっても、あくまでもセルフジャッジといって、18ホールの全てを自分が自分で審判をすることで、プレーヤーは同時に審判でもあるのです。

 

ですから、初めから全てをマスターするには至難のことですから、初めはここで説明した、あくまでも基本的なことだけを覚え、順次、練習場、コースになれた方に連れて行ってもらいながら、実践的にコースでのラウンドを重ね、初心者は焦らずに順次覚えていくことが大切なのです。

 

ゴルフは自然の中で、自然を相手にあるがままにボールを運びながら、ホールにいくつでいれるかを競うスポーツですから、一旦スタートをしたら、「ボールはあるがままの状態で打つ」のが基本です。途中なにかのアクシデントやトラブルが発生しても、グリーンにつくまでは、ボールには一切手を触れることは許されません。

 

たとえ、クラブでボールに傷をつけてしまい、ボールが真っ直ぐに飛ばないようになった状態になっても、ボールを換える事はできません。そんな時にはどうしたらいいのでしょうか。そんな時のために、コースにはキチントしたルールが決められていますので、キャデイさんに聞くなり、一緒に回っている人の了解の下にプレーを続行しなければなりません。

 

そのために、自分自身のプレーが、ルールに違反した場合には、ぺナルテイーを課す事が義務づけれていて、そのぺナルテイーとは、罰が一打であったり、二打であったりして、そのホールを上がった数にプラスされるのです。しかし、ここで問題なのが、スコアを良くしたいために、たまにごまかす人がいることで、こうしたスコアの改ざんは自分の良心の問題ですから、ことゴルフの問題ではなく人間性も疑われることにもなりかねません。

 

したがってゴルフをする時には、誰がみている、見ていないに関らず、すこしでもルールに反すると判断した時には、自ら進んで自分に罰を加えるぐらいの気持ちを持つことがたいせつなのです。

ゴルフプレーヤーは同時に審判でもある関連ページ

マナーを守って礼儀の正しいゴルフを
ゴルフのゲームはプレーする人が、他のプレーヤーに対しての心配りを忘れずに、マナーとルールを守ってプレーをするという、誠実さが大切にされます。そして、ゴルフの規則を守り、礼儀の正しさとスポーツマンシップにのっとり、洗練されたマナーで行動することが精神なのです。
ゴルフ初心者が犯しやすいマナー違反
初心者は、自分がどのくらい飛ばせるかは、だいたい覚えておくことが大切で、前の組のプレーヤーが、自分の飛距離より遠くに行ったのを確認してから打つ(ショット)習慣をつけましょう。
OBなどのトラブルが発生した場合の救済方法
ゴルフにはときとしてミスショットで次のボールを打つことが不可能などのトラブルが発生します。トラブルが発生した場合の最低限の救済方法の決まりごとで、殆どのコースで共通の救済方法としては以下のことが挙げられます。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ