OBなどのトラブルが発生した場合の救済方法

ゴルフの基本の精神は「ボールはあるがままで打つ」ですから、初心者とはいえ、いかなる場合でも、一旦打ち始めたボールには、グリーンに上がるまでは、手に触れることは許されません。常にその時、その時ボールが静止した場所で、たとえそこがどんなに傾斜があり、打ちにくい場所であっても、次のショットを打たなければなりません。

 

次のショットを打つのが難しいときも

ゴルフにはときとしてミスショットで次のショットを打つことが不可能などのトラブルが発生します。トラブルが発生した場合の最低限の救済方法の決まりごとで、殆どのコースで共通の救済方法としては以下のことが挙げられます。しかし、それぞれのコースには、この決まりごとの他にも、そのコース独自のローカルルールがありますので、その場合は勝手にジャッジせずに同行の方、またはキャデイさんの教えを請いましょう。

 

ショットがOBになった場合

OB(アウトオブバーンズ)といわれるゾーンが白い杭で表示されていますが、白い杭は約20メートル間隔で設置されていますので、その杭と杭を結んだ線からコースの外側にボールが入ってしまった場合には、打った地点から一打を加えて打ち直さなければなりません。その方法は、ボールが入った地点に立ち、片手にボールを持ち、手を方の高さまで真っ直ぐに伸ばし、ボールを落としますが、落とす位置は、グリーンに近づかない限り、目の前、左右、後ろ、どこでも構いません。

 

小川や池にボールが入ってしまった場合

小川や池にボールが入ってしまった場合には、グリーンには近づかないで、入ってしまった場所に立ち、OBと同様にボールをドロップします。この場合ボールの入った場所が特定できない場合には、グリーンに最も遠い場所の池、または、川の傍にドロップをすれば、ゴルフの基本のマナーに背くことはありません。

 

OB以外でボールを交換できる場合

ボールがグリーンに乗った場合に、初めてボールを拾い上げることができます。これまでのボールについた汚れを取り除いたり、ボールに傷が付いた場合には交換も許されます。また、この際に自分のボールが同伴者のボールの進路を妨げている場合、つまり同伴者がホール(穴)に入れるために、あなたのボールが邪魔になる場合には、あなたは、ボールの後ろにコインなどでマークを置き、拾い上げるのがマナーになります。

 

バンカーにボールが入ってしまった場合

バンカー(砂場)にボールが入ってしまった場合には、ボールに最も近いバンカーの淵からバンカー(砂場)に入るのがマナーです。そして普通のショット場合には、ボールの傍らで素振り(空振り)をするのは可能です。その際にはクラブで、芝、または土を削ってもいいのですが、バンカー内では、打つ前に空振りはいいのですが、クラブが砂に触れると、一打の罰がついてしまうので、気をつけましょう。また、ゴルフはあるがままですから、バンカーにある、落ち葉や、木の枝も拾ったり、どかしても罰打になりますから、注意が必要です。

OBなどのトラブルが発生した場合の救済方法関連ページ

マナーを守って礼儀の正しいゴルフを
ゴルフのゲームはプレーする人が、他のプレーヤーに対しての心配りを忘れずに、マナーとルールを守ってプレーをするという、誠実さが大切にされます。そして、ゴルフの規則を守り、礼儀の正しさとスポーツマンシップにのっとり、洗練されたマナーで行動することが精神なのです。
ゴルフ初心者が犯しやすいマナー違反
初心者は、自分がどのくらい飛ばせるかは、だいたい覚えておくことが大切で、前の組のプレーヤーが、自分の飛距離より遠くに行ったのを確認してから打つ(ショット)習慣をつけましょう。
ゴルフプレーヤーは同時に審判でもある
ゴルフには他のスポーツと決定的に違う難しさがありますが、それは審判が一緒について回ってくないことで、たとえ初心者であっても、あくまでもセルフジャッジといって、18ホールの全てを自分が自分で審判をすることで、プレーヤーはプレヤーであると同時に審判でもあるのです。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ