ゴルフ初心者におすすめのグリップ(握り方)

グリップはスイングつくりの一歩

初心者にとって、ゴルフのスイングつくりの一歩はグリップ(握り方)です。ボールを実際に打つクラブと自分が唯一直接繋がる部分ですからとても重要な要素になり、まず初めに習うことですが、日常の生活の中でこうした手の使い方は、まずしませんから誰もが違和感を覚えるでしょう。ここで、前にもお話しましたが、ゴルフは心のスポーツですから、教わった握り方を信じることが大事で、ここで疑心暗鬼になってしまったら上達は遅れてしまいます。

 

初心者のおすすめねオーバーラッピング

初心者には、オーバーラッピングという握り方がおすすめです。まず、両手の指を握って左手の人差し指と中指でできた溝の部分に、右手の小指を引っ掛けて握る方法ですが、この方法は左右の手の力が均等になり、初心者の利き腕ばかりが働き、スイングを崩すのを防いでくれますのおすすめできるのです。

 

インターロッキング

グリップには他に、インターロッキングといって、左手の人差し指と、右手の小指をからませて握る方法があります。この方法は初心者、特に女性には指を痛める可能性が高いのでおすすめできません。また、ベースボールグリップといって、野球のバットを握る方法ですが、この握り方は右手が強く使われてしまうので、ある程度経験がないとボールが右左に飛んでしまい、思うようなショットができませんから、初心者には不向きでしょう。

 

グリップの強さについて

あなたは誰かと握手をしたことがあると思いますが、握手は相手と一定の距離を保ち、ソフトにしかもシッカリとするでしょう。このソフトでありながらキチント握る感覚がベストなのです。そして右手の手のひらは真左に向いているはずで、右ひじは弱冠曲がっているはずですから、そままの姿勢でクラブを握ってみてください。

ゴルフ初心者におすすめのグリップ(握り方)関連ページ

ゴルフ グリップをするときの握り方の強さ
グリップをするときの握り方の強さも大事で、もっとも強く握るのは左手の小指、薬指、中指で、人差し指と親指には力を入れないように握り、補助的な感覚で握り、右手も、中指をシッカリ握るのですが、右利きのかたはどうしても右手が強くなりますので、注意が必要です。
ゴルフ グリップ は一定のリズムで握る
ゴルフをする時に初心者がグリップで気をつけることは、いつも同じように握る習慣を身につけることで、しかも一定のリズムを持ちながら握ることが大事で、このリズム感こそが、上達への早道で、ゴルフのスイングに一番大切な一定のリズム感を保つことを養うための一歩なのです。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ