ゴルフ グリップをするときの握り方の強さ

グリップをするときの握り方の強さも大事で、もっとも強く握るのは左手の小指、薬指、中指で、人差し指と親指には力を入れないように握り、補助的な感覚で握り、右手も、中指をシッカリ握るのですが、右利きのかたはどうしても右手が強くなりますので、注意が必要で、あくまでも両手の力がバランスよく同じちからになるようにしましょう。

 

初心者はやみくもにギュッと握ってしまいますが、グリップを握る強さは、卵を潰さない程度の力加減で握るのがよく、エッ!そんなに弱くと思うかも知れませんが、グリップは先よりも手元が太く作られていますから、柔らかく握っても絶対にすっぽ抜けることはありませんから心配には及びません。

 

3つのグリップ

グリップの握り方には、左手の親指をグリップの真上に置く、スクエアグリップと親指をグリップの右目に置いて握るフックグリップ、親指を左目に置いて握るスライスグリップの3種類があります。そして、このちょっとした握り方にはボールの飛び方に大きな違いがあり、球筋が大きく変わってくるのです。

 

スクエアグリップ

初心者にお進めなのは、別名ノーマルグリップとも言われる基本的といわれるスクエアグリップで、先ほども説明したとおり、右手の親指はグリップの真上に添える握り方で、左手の甲が目標に対して直角になるようにするのがポイントです。

 

そして、人差し指との間にできるV字の延長線上には自分の顎を指すように構え、左手の人差し指と親指でできるV字の延長線は、右型をさすようにします。このグリップは初心者にとってはボールを最もコントロールしやすい、バランスのとれたグリップです。

 

フックグリップ

フックグリップは、クラブを内側に引きやすく、手首の返しが早いためボールに左回転を与え、フック(ボールが右から左に曲がる)系の打球になるので、パワーの不足した人には向いていますが初心者には薦められません。

 

スライスグリップ

スライスグリップは、フックグリップとは逆に、クラブを飛球線の外側に上げる確率が高いために、ボールに右回転を与えるので、スライス(ボールが左から右に曲がる)系のボールになりますのでお薦めできません。特に初心者が悩むのは、このスライスで後ほど説明しますが、このスライスには初心者の90%の方がまず悩むのです。

ゴルフ グリップをするときの握り方の強さ関連ページ

ゴルフ初心者におすすめのグリップ(握り方)
初心者にとって、ゴルフのスイングつくりの一歩はグリップ(握り方)です。グリップにはオーバーラッピングと他にインターロッキングなどがありますが、初心者にはオーバーラッピングがおすすめです。
ゴルフ グリップ は一定のリズムで握る
ゴルフをする時に初心者がグリップで気をつけることは、いつも同じように握る習慣を身につけることで、しかも一定のリズムを持ちながら握ることが大事で、このリズム感こそが、上達への早道で、ゴルフのスイングに一番大切な一定のリズム感を保つことを養うための一歩なのです。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ