ゴルフ グリップ は一定のリズムで握る

ゴルフをする時に初心者がグリップで気をつけることは、いつも同じように握る習慣を身につけることです。しかも一定のリズムを持ちながら握ることが大事で、このリズム感こそが、上達への早道で、ゴルフのスイングに一番大切な一定のリズム感を保つことを養うための一歩なのです。

  1. 左手の甲を打ちたい目標に向かい直角に添える。
  2. 小指から薬指・中指・人差し指とクラブを握り始め、親指をシャフトの真上に置く。
  3. クラブのシャフトは人差し指の第一関節から、手の平の小指の下の根元の膨らんだ箇所に伸びるように握る。
  4. 右手は、クラブの下から両手を合わせたときのように添える。
  5. 右手の小指は左手の人差し指と中指のクボミに密着させ、薬指・中指と握りますが、このとき右手の人差し指は丁度、ピストルの引き金を引く形になればOK。
  6. このときにできる右手の人差し指と親指でできるV字ですが、その延長線は、首の右よりか右肩を指していればOK。
いつ握っても同じように握ることができるようにすることが大事ですから、肩に力が入らない程度に優しく、しかもシッカリと握る練習をするようにしましょう。また、このグリップは、アドレス(ボールを打つ準備)から、ショット(ボールを打つ)して、打ち終わるまで緩めては絶対にいけません。なぜならスイングするあなたと、ボールを繋ぐ唯一の接点だからで、ゴルフは右手、左手が一体感を保つことで初めて正しいボールが正しく飛んでいくからなのです。

 

クラブを握るグリップとは、両手がお互いに正確に向き合い、神様にお祈りをする時に拝むように、真正面を向いていることが大事です。右左がクロスしたり、開いてしまうのは厳禁で、それを習慣にするには、初心者は一日に2〜3回必ずクラブを持って、握る練習をして手に馴染むようにすることです。

ゴルフ グリップ は一定のリズムで握る関連ページ

ゴルフ初心者におすすめのグリップ(握り方)
初心者にとって、ゴルフのスイングつくりの一歩はグリップ(握り方)です。グリップにはオーバーラッピングと他にインターロッキングなどがありますが、初心者にはオーバーラッピングがおすすめです。
ゴルフ グリップをするときの握り方の強さ
グリップをするときの握り方の強さも大事で、もっとも強く握るのは左手の小指、薬指、中指で、人差し指と親指には力を入れないように握り、補助的な感覚で握り、右手も、中指をシッカリ握るのですが、右利きのかたはどうしても右手が強くなりますので、注意が必要です。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ