アドレスについて:初心者のためのゴルフ講座

アドレスについて記事一覧

ゴルフ アドレス−腕の状態

初心者のアドレスを見た時に殆どの方が妙に腕が突っ張っているように見受けられますが、肩から腕を伸ばすのは力を抜いてダラリとした状態を保つのがよく、必要以上に腕をのばしたり、力を入れなければ、その状態を保てるはずです。アドレスの状態は肩にも腕にも力をいれずに余裕を持たせることが大事で、クラブはブラブラし...

≫続きを読む

 

ゴルフ アドレス−手順とボールを置く位置

アドレスには一定のテンポが必要ですが、そのテンポも人それぞれ手順があります。一般的な手順の例を次に示します。ボールの後方に立って、目標の方向を確かめる。目標方向にある1メートルぐらい先の小さな物を仮の目標とする。(例えば芝の枯れなど)仮の目標にたいして直角にスタンスを決める。目標に対して右の手の平と...

≫続きを読む

 

ゴルフ 理想的なアドレス

アドレスはスイングを始めるための構えですから、アドレスを見ただけでその人の腕前がわかる程大事で、アドレスの理想は、自然の構えで、そのアドレスにバランスが良ければ結果はスイングに繋がり、スイングの結果はいいショットに繋がります。力みのない自然体での理想の構えとは@クラブヘッドをボールにセットし、上体を...

≫続きを読む

 

ゴルフ アドレス−スタンス巾の取り方

ゴルフのスイングはアドレスで決まるといっても過言ではないほどアドレス重要なものです。アドレスとはスイングの土台のことで、どんな建物でも土台がちゃんとしていなければ役に立たないのと同じように、スコア(成績)にも大きな影響を及ぼします。そしてこのアドレスはドライバーから、グリーンの近くのショットまですべ...

≫続きを読む

 

アドレスの姿勢のとり方

正しいアドレスの姿勢のとり方は、クラブを握り両足を肩幅ほどぐらいに開き、クラブを両手で軽く握り、頭上まで持ち上げます。その時、体は背筋を真っ直ぐに伸ばし、真正面を向いたままで、頭上に上げたクラブを腰の高さで水平になるまで下ろしてきて、クラブが真正面で水平になったら、そこで一旦止め、その時の腕は楽に伸...

≫続きを読む

 

ゴルフ アドレス−足の向きと3つのスタンス

アドレスにおいてスタンスの取り方についで大切となるのは足の向きとなります。まっすぐ前を向けるのが基本ですが、少し開いた状態をとる人も多いです。右利きの人は左足を開いて打つとボールのコントロールがつけやすくなりますが、飛距離は犠牲になります。足のつま先が内側に向いてしまうのは不安定ですのが、自分にあっ...

≫続きを読む

 

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ