ゴルフ アドレス−手順とボールを置く位置

一般的なアドレス手順

アドレスには一定のテンポが必要ですが、そのテンポも人それぞれ手順があります。一般的な手順の例を次に示します。

  1. ボールの後方に立って、目標の方向を確かめる。
  2. 目標方向にある1メートルぐらい先の小さな物を仮の目標とする。(例えば芝の枯れなど)
  3. 仮の目標にたいして直角にスタンスを決める。
  4. 目標に対して右の手の平とクラブのフェースが直角になるように構える。
  5. 両足を目標に向かって平行に構えます。
  6. グリップを最点検する。
以上の動作で自分なりのリズムを作り、一定の方式にする努力をすることで、時間をかけずにリズムとタイミングを計りながら流れるようにすることが大切です。

 

一定の手順がないと

初心者は打つまでの動作が常に一定ではないために、変に緊張感が増してしまい、いつもどおりのショットができていない場合があります。そのため変に時間をかけず常に一定のリズムでアドレスに入ることが重要となります。インパクトはアドレスが大きく左右しますから常に正しく構えることができればボールは狙った方向に飛んでいくはずです。アドレスにマイナスの要素があるとスイングにそのままマイナスが移ってしまいます。

 

ボールを置く位置

ボールを置く位置は、使用するクラブによって調整する必要があります。7番アイアンでは両足の中心にボールを置くのが最適で、8番、9番とシャフトが短くなるに従ってボールを一個分づつ右寄りにしていきます。反対に6番、5番と番手が少なくなるに従って左に寄せて行き、ドライバーでは、左かかと内側の線の前に置くのがいいでしょう。

 

ボールの位置もあくまでもこれが全てではなく、個人個人の打ちやすい位置が違いますので自分が一番いいボールが打てる位置を見つけるのがベストです。ただ初心者にはまだ自分に最適の位置はわからないと思うので、この基準を参考にしてください。このようにボールの位置を調整するおとで、どんなクラブを持っても同じスイングで、スムースにボールを打ち抜けるようになります。

ゴルフ アドレス−手順とボールを置く位置関連ページ

ゴルフ アドレス−腕の状態
初心者のアドレスを見た時に殆どの方が妙に腕が突っ張っているように見受けられますが、肩から腕を伸ばすのは力を抜いてダラリとした状態を保つのがよく、必要以上に腕をのばしたり、力を入れなければ、その状態を保てるはずです。
ゴルフ 理想的なアドレス
アドレスはスイングを始めるための構えですから、アドレスを見ただけでその人の腕前がわかる程大事で、アドレスの理想は、自然の構えでで、そのアドレスにバランスが良ければ結果はスイングに繋がり、スイングの結果はいいショットに繋がります。
ゴルフ アドレス−スタンス巾の取り方
ゴルフのスタンスはスイングを左右し、スタンスの取り方がまずければ、ボールが思わぬ方向に飛んでいったりします。初心者にとってまず気をつけるのはスタンスの巾でしょう。
アドレスの姿勢のとり方
正しいアドレスの姿勢のとり方は、クラブを握り両足を肩幅ほどぐらいに開き、クラブを両手で軽く握り、頭上まで持ち上げます。ここで注意したいのは、背筋がきちんと伸びている状態であることがポイントです。姿勢は猫背にならないように、顔は真正面を向いていて、うつむいても駄目で、状態はリラックスしていることです。
ゴルフ アドレス−足の向きと3つのスタンス
アドレスにおいてスタンスの取り方についで大切となるのは足の向きとなります。スタンスの種類は、微妙な両足の向きを組み合わせていくと基本だけでも10数通りになります。中でも基本的なのはスクエア、オープン、クローズの3種類があり、それぞれ特徴がありますが、初心者にはまずスクエアのスタンスをお薦めします。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ