ゴルフ 理想的なアドレス

アドレスはスイングを始めるための構えですから、アドレスを見ただけでその人の腕前がわかる程大事で、アドレスの理想は、自然の構えで、そのアドレスにバランスが良ければ結果はスイングに繋がり、スイングの結果はいいショットに繋がります。

 

力みのない自然体での理想の構えとは@クラブヘッドをボールにセットし、上体を腰の付け根から前傾させます。この姿勢は椅子に腰掛けようとしたのを途中でやめた格好を想像してください。A両膝は緩めリラックスさせ、軽く内側に締めるようにして、膝をだらしなく外にむけないように。B膝の内側の筋肉を緊張させ体重は均等に乗せます。Cグリップは身体の中心ではなく、左のももの内側に寄せます。(ハンドファスト)D両足をボールを打ちたい方向と直角にセットし、肩、腰もその方向に合わせます。E身体は多少前傾しますが、背筋は真っ直ぐに、間違っても猫背にはならないように。F頭の位置はボールより後方にあるようにして、右の目でボールの左端を見る位置がベスト。G左腕は緊張感のない程度に伸ばし、右腕は、ひじをヤヤ緩めた形で両腕で正三角形をつくっている。

 

アドレスがピタッと決まった状態とは@両腕と両肩で三角形ができている、左肩に比べ、ほんの少し右肩が下がっていますがこれはグリップで右手が下にあるからです。A目はボールの後ろを見ている。これは右肩がやや下がっていますから当然、目はボールの後ろを見ることになります。B体重は左右均等に親指の付け根にかけるのが理想で、前につんのめったり、後ろにそっくり返ったりしない。C身体とグリップエンド(グリップの最後部)の位置は、握りこぶし2個分、離している。初心者に多く見られるのがボールから離れて立ちすぎるために、グリップと身体に間隔が空けすぎてしまうのですが、これではベストショットが得られませんので注意が必要です。

 

アドレスの悪い見本は、棒立ち、前傾が深すぎる、グリップと身体が離れすぎ、くっつきすぎ、膝を緩めたときにお尻が落ちてしまっている、最大の悪い見本は両肩が平行でなく右肩が前に出てしまっている、これは、グリップで右手が左手より前に出ているので、いきおい肩も出てきてしまう結果で、特に初心者に多いので注意を要します。

ゴルフ 理想的なアドレス関連ページ

ゴルフ アドレス−腕の状態
初心者のアドレスを見た時に殆どの方が妙に腕が突っ張っているように見受けられますが、肩から腕を伸ばすのは力を抜いてダラリとした状態を保つのがよく、必要以上に腕をのばしたり、力を入れなければ、その状態を保てるはずです。
ゴルフ アドレス−手順とボールを置く位置
初心者は打つまでの動作が常に一定ではないために、変に緊張感が増してしまいます。一定のリズムでアドレスに入ることは重要となります。また、ボールを置く位置は、使用するクラブによって調整する必要があります。
ゴルフ アドレス−スタンス巾の取り方
ゴルフのスタンスはスイングを左右し、スタンスの取り方がまずければ、ボールが思わぬ方向に飛んでいったりします。初心者にとってまず気をつけるのはスタンスの巾でしょう。
アドレスの姿勢のとり方
正しいアドレスの姿勢のとり方は、クラブを握り両足を肩幅ほどぐらいに開き、クラブを両手で軽く握り、頭上まで持ち上げます。ここで注意したいのは、背筋がきちんと伸びている状態であることがポイントです。姿勢は猫背にならないように、顔は真正面を向いていて、うつむいても駄目で、状態はリラックスしていることです。
ゴルフ アドレス−足の向きと3つのスタンス
アドレスにおいてスタンスの取り方についで大切となるのは足の向きとなります。スタンスの種類は、微妙な両足の向きを組み合わせていくと基本だけでも10数通りになります。中でも基本的なのはスクエア、オープン、クローズの3種類があり、それぞれ特徴がありますが、初心者にはまずスクエアのスタンスをお薦めします。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ