谷将貴 ドライバー

片山晋呉のドライバー飛距離

プロゴルファーの片山晋呉はそれほど大柄なゴルファーではありません。ウィキペディアを調べてみると、身長171センチ、体重73キロとなっております。ゴルフはメンタルやテクニックも、もちろん大切ですが、ドライバーの飛距離も勝敗を大きく左右する要素になります。一般的には体が大きいほうがドライバーの飛距離も大きい傾向がありますが、これは体が大きいほうが筋肉の量も多く、パワーが強いのが通常だからです。活躍しているプロゴルファーも身長が180を超える大柄な選手が多いのも納得いくのではないでしょうか。

 

片山晋呉は体格にはそれほど恵まれていないのですが、なぜ実績を残せるのでしょうか。その理由のひとつとしてドライバーの飛距離があると考えられます。体格には恵まれない片山晋呉ですが、なんと300ヤード程度飛ばすこともあります。片山晋呉選手はあの体で他の大柄のゴルファーに引けをとらない飛距離を叩き出すことができるのです。その秘訣はいったいなんなのでしょうか。もちろん、ドライバーの性能や地道なトレーニングを積んでいることもあると思いますが、そのスイング方法にも影響がありそうな感じがします。

 

片山晋呉選手のコーチには谷将貴という人がおりますが、この人は本などで持論を多く公表しております。二人のタッグは長いようで片山晋呉のスイングにも谷将貴の理論がかなり影響していると考えられます。谷将貴のスイング理論が気になりますね。

谷将貴のスイング理論

片山晋呉選手のコーチには谷将貴という人がおりますが、この人は本などで持論を多く公表しております。二人のタッグは長いようで片山晋呉のスイングにも谷将貴の理論がかなり影響していると考えられます。谷将貴のスイング理論が気になりますね。

 

ボールを遠くに飛ばすためには、曲がらずにまっすぐ飛ぶ安定したショットが要求されますが、谷将貴の理論を調べてみると、安定したショットを打つためには、ドライバー、アイアンなどすべてのクラブで同じスイングをする必要があるといいます。そんなの当たり前で自分もそうしてるよと思うかも知れませんが、特定のアイアンのショットは安定しているのに、他のアイアンやウッドでミスショットが多いといった方もいるのではないでしょうか。

 

全く同じスイングをしているつもりなのにこういった違いが起こってしまう理由にクラブによって、上体の前傾角度が変わることが挙げられます。短いウェッジなどを使うとかなり前かがみになりますが、長いドライバーなどを使用しると上体がかなり起き上がります。この上体の差が同じようにスイングしているつもりでも軌道の差になってしまうのです。ボールの位置などを調整してこの差を出来るだけ少なくし、どのグラブでも同じスイングをするというのが谷将貴の理論のひとつです。また、現在のドライバーは真芯で打つよりも若干上で捕えたほうが、飛距離が伸びると谷将貴はいいます。詳細については書籍が多く出ておりますし、DVDを見ればより理解が深まると思います。

 

>> 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

谷将貴のドライバーショットとは?関連ページ

ゴルフのスイングで大事なことは
ゴルフのスイングで大事なことはスイングの面を狂わないように行うことです。スイングの面とは、スイングした際にクラブのヘッドが描く円の面のことをいいます。グリップさえしっかりしていれば、正しいスイングの面の軌道(スイングプレーン)が出来上がります。
ゴルフ アドレスに最適な姿勢とポイント
アドレスのポイントとして、カラダの各部分、すなわち、両肩、腰、両足がきっちりと目標方向に平行に揃っているかです。背筋を伸ばし、胸をはって、ひざを若干緩め、真っ直ぐに正面を向いた姿勢、この姿がアドレスには最適な姿勢となります。
バックスイングの前に効果的な2つの動作
初心者がアドレスからバックスイングにスムースに入るためにはある小さな動作が有効で、それはワッグルという動作とフォワードプレスという動作で、バックスイングに入る前にこの動作をするとしないでは大きな差が生じてきます。
トップオブスイングの確認ポイント
トップオブスイングがきちんとできているかの確認ポイントをあげております。右ひじが常に地面を向くようにしながら、身体を回し、右ひじが地面と直角になった位置、その位置があなたの正しいトップオブスイング位置です。
理想的なトップオブスイング
トップオブスイングとは、バックスイングが終わった頂点のことで、次の動作であるダウンスイングの出発点でもあります。理想的には両肩が90度、腰が45度回転した場所といわれます。ここまで身体が回転しますと、左肩が顎の下に入り、クラブは地面と平行の位置まで持ち上げられるはずなのです。
ゴルフ バックスイングはゆっくりと引く
ゴルフのバックスイングが正しくできれば、ナイスショットの半分は約束されたようなものです。それほどバックスイングは大事なスイングとなります。飛球線に沿って真っ直ぐにゆっくりと引いていくのがポイントです。
ゴルフ ダウンスイングについて
トップオブスイングから、クラブを振り下ろすのがダウンスイングで、この動きをするためバックスイングで捻っていたぜんまいを元に戻す動作なのですが、ダウンスイングに要求されるポイントは、より強く、より早くです。
ゴルフ インパクト
インパクトとは、ボールにクラブヘッドが当たった瞬間のことで、ゴルフのスイングの究極の目的はこのインパクトで、この瞬間の良し悪しでスコアの成否も決まってしまい、インパクトの瞬間はクラブヘッドが最も早く走る時なのです。そしてグリップの位置は肉眼では見ることはできませんが、最もいいのは、アドレスの形に戻った瞬間だといわれています。
ゴルフ フォロースルー
ゴルフでいうフォロースルーとは、インパクトでボールをヒットした後の振りぬきのことです。多くのプロは今までの一連のアドレス、バックスイング、トップオブスイング、ダウンスイング、インパクトよりもこのフォロースルーを重視しています。
ゴルフスイングのフィニッシュ
初心者はフィニッシュと聞くともうスイングは終わったのだから、どうでもいいと思うかもしれません。フィニッシュが見た目キレイに終わってない人はよいショットを打つことができません。
ゴルフはリズムとタイミングが大切
初心者がゴルフをする時に大切なのはタイミングですが、タイミングと言う言葉はあまりにも漠然としていてわかりにくいと思います。タイミングとはテンポとリズムが合わさった言葉と考えるのがよく、テンポと言うのはスイングの速さで、そのテンポを滑らかにするのがリズムと考えてください。
スイング時の手首の使い方
ゴルフスイングをする時も手首を親指の方向に曲げてバックスイングをするのですが、初心者には手首の使い方がわかりにくいでしょう。ピッチングアイアンなど、使いやすく優しい短いクラブを使って練習すると良くわかるはずです。
スイングがわからなくなってしまった場合には
練習において、ボールを打たないでスイングする場合は、案外綺麗なフォームでスイングできるものです。ところが、いざボールを打とうすると、全くバランスが崩れて、ボール無しの場合とは大違いなスイングになるといったことはないでしょうか。初心者にはいざボールを打とうとすると、スイングがわからなくなってしまう場合があります。
クラブフェースの向きが変わってしまう悩み
ゴルフクラブのボールの当たる部分をクラブフェースといいますが、打つときにこのクラブフェースの芯にあてるようにしなければなりません。しかし、初心者にはこれが難しく、芯からずれたり、クラブフェースの方向がまっすぐ打つ方向を向いていなかったりします。
谷将貴のハーフスイングを繰り返すショット練習法

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ