ゴルフ練習場のマナー

ゴルフはたとえ練習場であってもマナーが存在し、それは日常生活の中で何気ない人に対する心配りの延長で、あの狭い打席の中で、長いクラブを振るわけですから、ちょっとした油断が大きな怪我の原因になってしまうのです。

 

最近のクラブは長尺クラブといって、46インチもあるクラブ(ドライバー)がありますから、不注意に振り回すと、前に打席や後ろの打席の方に当たってしまう恐れがあるのです、ですからボールをマシーンに入れるときや、打席の中での友人からのレッスンなどには気をつけましょう。

 

初心はにはよく見受けられるのですが、ボールを打ち損ねて打席のすぐ傍にボールが転がり、勿体無いのでそのボールをとりに行く方がいますが、この行為が一番危険で、また、クラブが手から離れてしまいボールではなくクラブを飛ばしてしまい、そのクラブを取りに行く方もありますが、この行為もマナー違反で危険ですからやめましょう。

 

練習場はコースに行くほどの万全な準備は必要ありませんが、最低でも使い慣れたクラブ、グローブ、シューズは携行するのが基本で、これも初心者には見受けられますが、底の高い靴などで練習されている方が見られますが、これでは練習にはなりません。シューズはコースで履くシューズでなければ、地面との高低が違い微妙なスイングの感触はつかめないからで、ゴルフは非常にデリケートなスポーツですから、違和感が伴って練習場での成果はコースでは発揮できません。

ゴルフ練習場のマナー関連ページ

よりボールを遠くに飛ばす練習 − ヘッドスピードを即効的に改善する
少しでもボールを遠くに飛ばそうとゴルフをやっている人ならだれでも、思うことでしょう。ボールの飛距離には筋力やフォーム、クラブの性能などいろいろな要素が関係しております。ここでは初心者がもっとも簡単に飛距離を改善できる方法を紹介したいと思います。
自宅でできるバックスイングの練習方法
バックスイングの練習は、わざわざボールを打つことはないので、自宅の庭でもすることができます。また家の中でもできる練習があるのでここではその練習方法を紹介します。バックスイングにおいては、スタンスの幅と頭の位置をかえずに維持することが大切です。
ダウンスイングの練習方法とコツ
初心者に多いのはダウンスイングに入るときに膝が立ってしまったり、腰が引けたりしまうことです。腰が引けてしまうのは右手だけでボールを打とうとしてしまうためです。この症状を改善する練習方法として、左手のみで打ってみるとよいでしょう。
正しいバックスイングの練習
正しいバックスイングをするための基本的な身体の動かし方を整理してみますが、スムーズに身体を捻ることが出来ずにバックスイングが出来ない方は、どこかに間違った動作をしている可能性がありますので確認して、正しいバックスイングの練習をしましょう。
飛距離が出ない原因はスイングが小さいため。大きいスイングに矯正する練習
飛距離が落ちてきたと感じたら、筋力の低下がまず原因として考えられますが、より慎重に当てにいっている結果、スイングが小さくなってしまっている場合もあります。この場合、練習で大きなスイングに矯正する必要があります。その練習方法を紹介しましょう。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ