正しいバックスイングの練習

正しいバックスイングを身に着けよう

正しいバックスイングをするための基本的な身体の動かし方を整理してみますが、スムーズに身体を捻ることが出来ずにバックスイングが出来ない方は、どこかに間違った動作をしている可能性がありますので確認して、正しいバックスイングの練習をしましょう。

 

始動は腕、肩の順

アドレスした構えから、クラブを飛球線上に沿って真っ直ぐに後方(右)に引いていきますが。このとき肩、腕でできた三角形は崩さないのが基本で、始動は腕、肩の順です。

 

身体全体が横に流れないようにするの

腰がやや回り初め、手はを上げ始めて、手が腰の高さにきたら、右ひじをたたんで折れるようにしていくのですが、このときに身体全体が横に流れないようにするのが基本です。身体が流れるのはスエーといってゴルフでは絶対にしてはいけない動作です。そのためには左ひざと首、背骨が身体の回転の軸になりますから、軸が左右に揺れないように、右の膝を左に向けシッカリと固定し、体重が右膝にのるようにするのです。

 

左ひざを前には出さないように

左肩が顎の下に来るまで身体を捻りますが、左手は真っ直ぐに伸ばしたたままで、左ひざは少し右に寄りますが、間違っても左ひざを前には出さないようにしてください。左ひざが前に出ると、左肩が下がってしまい、スイングプレーン(面)が作れなくなってしまいます。

 

体重は左ひざの内側、もしくは右ひざの内側に乗せる

両手が耳の高さまでくると、肩は90度回転して、背中が目標を向くようになり、腰は肩の半分回転し、左膝はやや右膝に寄り左かかとはやや浮いているはずです。このときの体重は左ひざの内側、もしくは右ひざの内側に乗っているようになっていればOKです。

 

膝の曲げ具合は一定に保つ

バックスイングは両膝をやや曲げて(椅子に座り始める格好)しますが、今までの動作の間中、この曲げ具合は一定に保つことが大事です。上下運動はゴルフにとっては致命傷になります。

 

下半身が不安定になる原因

スイングを大きくしたいばかりに、左ひざを右に寄せすぎたり、左かかとを上げすぎたりすると、下半身が不安定になり、土台が崩れる結果、スイングプレーン(面)を崩す元になりますので注意が必要です。

 

反復練習あるのみ

これでバックスイングは終了で、この状態をトップオブスイングといいます。この形が決まっていれば、捻れが十分で正しく動作が完了した証拠ですが、このとき体が右に傾いていたり左に体重が残ったままであったりするのは間違いです。初心者の方はプロの理想の形を頭に描き、その動きを身につけるよう反復練習を何回も行ってください。

正しいバックスイングの練習関連ページ

ゴルフ練習場のマナー
ゴルフはたとえ練習場であってもマナーが存在し、それは日常生活の中で何気ない人に対する心配りの延長で、あの狭い打席の中で、長いクラブを振るわけですから、ちょっとした油断が大きな怪我の原因になってしまうのです。
よりボールを遠くに飛ばす練習 − ヘッドスピードを即効的に改善する
少しでもボールを遠くに飛ばそうとゴルフをやっている人ならだれでも、思うことでしょう。ボールの飛距離には筋力やフォーム、クラブの性能などいろいろな要素が関係しております。ここでは初心者がもっとも簡単に飛距離を改善できる方法を紹介したいと思います。
自宅でできるバックスイングの練習方法
バックスイングの練習は、わざわざボールを打つことはないので、自宅の庭でもすることができます。また家の中でもできる練習があるのでここではその練習方法を紹介します。バックスイングにおいては、スタンスの幅と頭の位置をかえずに維持することが大切です。
ダウンスイングの練習方法とコツ
初心者に多いのはダウンスイングに入るときに膝が立ってしまったり、腰が引けたりしまうことです。腰が引けてしまうのは右手だけでボールを打とうとしてしまうためです。この症状を改善する練習方法として、左手のみで打ってみるとよいでしょう。
飛距離が出ない原因はスイングが小さいため。大きいスイングに矯正する練習
飛距離が落ちてきたと感じたら、筋力の低下がまず原因として考えられますが、より慎重に当てにいっている結果、スイングが小さくなってしまっている場合もあります。この場合、練習で大きなスイングに矯正する必要があります。その練習方法を紹介しましょう。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ