ダウンスイングの練習方法とコツ

ダウンスイングを改善する練習方法

初心者に多いのはダウンスイングに入るときに膝が立ってしまったり、腰が引けたりしまうことです。腰が引けてしまうのは右手だけでボールを打とうとしてしまうためです。この症状を改善する練習方法として、左手を使って一度打ってみるとよいでしょう。その際、右手はクラブを握らないように左手に近づけるようにしましょう。また、ダウンスイングの練習でヘッドが地面の同じところを繰り返しこすっているかを確認してましょう。繰り返し同じところをこすれていれば、問題のダウンスイングができているという証拠になります。

 

ダウンスイングのコツはスイカ割と同じ

ダウンスイングのコツとしては皆さんは一度はスイカ割を経験したことがあると思いますが、その時に振り上げた棒を振り下ろした瞬間を思い出してください。振り下ろした時にまず動かしたのは肘のはずで、曲げた手首はスイカの直前に来たときに曲げた手首をスイカの向かって解いたはずで、初めから曲げた手首を解いた方は皆無だと思います。ゴルフのスイングもスイカわりと理屈は同じで、コックした手首を解くのはボールの直前が正しく、どこまでコックを維持できるかがボールを弾くパワーに繋がるのです。

 

ダウンスイングのエネルギーの溜め方

このことから理解できるように、フォロースイングの始動は下半身の動きから始まり、一番最後に解かれるのが手首です。始めに動くのは腰で、動きは綱引きの要領で、下半身の足、次に腰が少し左に動き、次に両肘がカラダについたまま降りてくることによってエネルギーが溜まるのです。その溜められたエネルギーが手首の開放と同時に一気に炸裂してボールに伝わり、ボールは遠くに飛んでいくのですが、実際に初心者がダウンスイングをすると、どうしてもボールにクラブフェースを当てに行こうとしてしまいます。

 

リズムとタイミングが大切

ゴルフのスイングには力は必要ありませんから、リズムとタイミングが大切で自分のテンポさえ出来ればスムースにボールは飛んでくれます。下半身、肘、手首の順で自分のテンポを体に覚えさせる必要があり、反復練習あるのみです。

ダウンスイングの練習方法とコツ関連ページ

ゴルフ練習場のマナー
ゴルフはたとえ練習場であってもマナーが存在し、それは日常生活の中で何気ない人に対する心配りの延長で、あの狭い打席の中で、長いクラブを振るわけですから、ちょっとした油断が大きな怪我の原因になってしまうのです。
よりボールを遠くに飛ばす練習 − ヘッドスピードを即効的に改善する
少しでもボールを遠くに飛ばそうとゴルフをやっている人ならだれでも、思うことでしょう。ボールの飛距離には筋力やフォーム、クラブの性能などいろいろな要素が関係しております。ここでは初心者がもっとも簡単に飛距離を改善できる方法を紹介したいと思います。
自宅でできるバックスイングの練習方法
バックスイングの練習は、わざわざボールを打つことはないので、自宅の庭でもすることができます。また家の中でもできる練習があるのでここではその練習方法を紹介します。バックスイングにおいては、スタンスの幅と頭の位置をかえずに維持することが大切です。
正しいバックスイングの練習
正しいバックスイングをするための基本的な身体の動かし方を整理してみますが、スムーズに身体を捻ることが出来ずにバックスイングが出来ない方は、どこかに間違った動作をしている可能性がありますので確認して、正しいバックスイングの練習をしましょう。
飛距離が出ない原因はスイングが小さいため。大きいスイングに矯正する練習
飛距離が落ちてきたと感じたら、筋力の低下がまず原因として考えられますが、より慎重に当てにいっている結果、スイングが小さくなってしまっている場合もあります。この場合、練習で大きなスイングに矯正する必要があります。その練習方法を紹介しましょう。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ