ショットでボールがスライスしてしまう原因と矯正方法:わざとフックを打ってみる

ゴルフ練習場でのショットでは問題ないので、コースに出ていざ打ってみると予期せぬスライスをしてしまうということもあります。コースだと緊張してしまうのである程度は仕方がないかもしれませんが、スライスしてしまうのは当然、原因があるからです。

 

右肩が早く前に出るとスライスしてしまう

スライスの原因としてまず考えられるのは右肩です。強くショットを打とうとするあまりダウンスイングにおいて右肩が早く前に出てしまっている場合があります。この傾向がある人は右肩を前に出すタイミングを大幅に遅らせて見ましょう。インパクトの瞬間までは右肩を前に出さないぐらいの気持ちで意識してみます。

 

慎重にゆっくりと打ちすぎるとスライスする

慎重にゆっくりと打つと意外とスライスしてしまうことがあります。OBになって、半分投げやりで打ち直すと、今度はまっすぐ飛んだなんてことも意外と多いです。人間は緊張すると動作が速くなってしまう傾向があるので、ゆっくりと打つのは確かにひとつの手ではあります。しかし、あまりゆっくりと打ちすぎると、ボールが上に上がらなかったり、スライスしてしまうことがあります。そういった傾向が見られた場合は、早く振りぬいてしまうことを意識してみましょう。もちろん、余計な力は加えないようにしてください。

 

わざとフックを打ってスライスを直す

右足に体重がかかり過ぎていることもスライスの原因となります。練習場で試しに右足一本で立ってショットを打ってみてください。ボールはスライスするはずです。これを矯正する方法として、わざとフックショットを打ってみるといったことも効果的です。フックを打つには今度は逆に右足を後ろに引いて左足一本で立ってショットを打ってみましょう。これを何度か打って体に覚えさせてから、普通にショットしてみましょう。すぐにはスライスが直らないかもしれませんが、改善が見られるはずです。

ショットでボールがスライスしてしまう原因と矯正方法:わざとフックを打ってみる関連ページ

【ゴルフ】ボールを芯で捕らえることができず、ミスショットになる原因と対策
いざスイングをしてみるとボールを芯で捕らえることはプロゴルファーでもない限り、なかなか難しいものです。ボールを芯で捕らえられない原因でもっとも考えられるのは、スイングのときに頭が動いてしまっていることです。どのような対策をとればよいのでしょうか。
【ゴルフのミスショット】トップ、ダフる、テンプラになる傾向を矯正したい
トップの原因にダウンスイングの際に頭が左に引っ張られてしまい、スイングの中心が左にずれてしまっていることがあります。またテンプラは実は急激に上から叩きつけてしまうのが原因です。ダフる傾向のある人は、ダウンスイングの際に右肩が下に下がる傾向があります。
【ゴルフ】ロングアイアンがうまく打てない原因と上達するための練習
ロングアイアンはヘッドが小さいし、シャフトも長いし、使いこなすのに難易度が高いクラブです。しかし、苦手としている人の中には、難しいと思い込む苦手意識が大きな原因となっている人が多いです。そのような人はまずは自信をつける練習をする必要があります。
【ゴルフ】ショートアイアンを使うとミスショットをする理由
ショートアイアンは目標をきっちりと捕らえる正確なショットが要求されます。ところが、このショートアイアンのコントロールが悪く、ミスショットが目立つ人が見られます。そういった方を見ていて大抵感じるのは、力を込めてフルスイングしているということです。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ