【ゴルフ】ボールを芯で捕らえることができず、ミスショットになる原因と対策

いざスイングをしてみるとボールを芯で捕らえることはプロゴルファーでもない限り、なかなか難しいものです。ボールを芯で捕らえられない原因でもっとも考えられるのは、スイングのときに頭が動いてしまっていることです。

 

上下に頭が動くとミスショットを引き起こす

基本的にはテークバックで若干頭が右に動いてダウンスイングのときに元に戻ります。この程度の左右の頭の動きはあまり問題ありません。ダウンスイングのときに勢いに押されて体が伸びてしまう方がおりますが、このとき、頭も体につられて上に上がってしまいます。この上下の頭の動きがボールにうまく当たらずミスショットになる原因となります。

 

頭が上下に動く人はアドレスのときに背中がまるまっている傾向があります。簡単な対策ですが、きちんと背筋を伸ばしてアドレスを構えれば、意外と解決することがあります。

 

インパクトの瞬間に膝が伸びてしまう

アドレス時には膝を少し曲げますが、インパクトの瞬間に膝が完全に伸びてしまうと、不安定なショットとなります。これはわりと年配の方に多い現象で関節が硬くなってしまっていることも影響しております。また、めいいっぱいの力でショットを打とうとすると、こういったことが起きやすくなります。

 

プロ野球のピッチャーは通常100%の力でボールを投げません。なぜなら、めいいっぱいの力で投げるとバランスが崩れて制球が乱れてしまうからです。ゴルフのスイングにおいても同じことが言え、8分ぐらいに抑えて打つのが理想です。また、柔軟体操などで普段から関節をやわらかくしておくことも大切です。

【ゴルフ】ボールを芯で捕らえることができず、ミスショットになる原因と対策関連ページ

ショットでボールがスライスしてしまう原因と矯正方法:わざとフックを打ってみる
ゴルフ練習場でのショットでは問題ないので、コースに出ていざ打ってみると予期せぬスライスをしてしまうということもあります。コースだと緊張してしまうのである程度は仕方がないかもしれませんが、スライスしてしまうのは当然、原因があるからです。
【ゴルフのミスショット】トップ、ダフる、テンプラになる傾向を矯正したい
トップの原因にダウンスイングの際に頭が左に引っ張られてしまい、スイングの中心が左にずれてしまっていることがあります。またテンプラは実は急激に上から叩きつけてしまうのが原因です。ダフる傾向のある人は、ダウンスイングの際に右肩が下に下がる傾向があります。
【ゴルフ】ロングアイアンがうまく打てない原因と上達するための練習
ロングアイアンはヘッドが小さいし、シャフトも長いし、使いこなすのに難易度が高いクラブです。しかし、苦手としている人の中には、難しいと思い込む苦手意識が大きな原因となっている人が多いです。そのような人はまずは自信をつける練習をする必要があります。
【ゴルフ】ショートアイアンを使うとミスショットをする理由
ショートアイアンは目標をきっちりと捕らえる正確なショットが要求されます。ところが、このショートアイアンのコントロールが悪く、ミスショットが目立つ人が見られます。そういった方を見ていて大抵感じるのは、力を込めてフルスイングしているということです。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ