【ゴルフ】クロスバンカー捕まってしまった場合のリカバリーショット

クロスバンカーとは

クロスバンカーとはフェアウェイを横切るように配置されているバンカーのことをいいます。ゴルフコースでプレイしていると、ときにはクロスバンカーに捕まってしまい、リカバリーショットをする必要に迫られます。もし捕まってしまったら、そのままグリーンを狙うのか、それともとりあえず安全に刻んで次のショットにかけるかの決断する必要があります。その決断の根拠としてまずは情報収集することはかかせません。

 

クロスバンカーに捕まったらまずは情報収集

クロスバンカーに入ってしまった場合、瞬時に次のような情報を収集する必要があります。
  • めり込み具合などのボールの状況
  • 土手の高さ
  • 土手までの距離
  • 砂の硬さや質
  • 残りの距離
  • 風向きと風の強さ

まずこれらの状況をすばやく収集してから、グリーンを狙うのか、とりあえずバンカーの外に出すことに集中するのか決断をします。グリーンを狙うことを決めたら、さらにグリーンの周囲の状況、バンカーなど途中の障害物などの情報を集めます。

 

バランスを崩さないようにしっかり足場を作る

砂の上は不安定です。ショットでバランスを崩さないためにも、まずは足場を作る必要があります。細かいことですがこの際にちょっとしたテクニックがあります。土手が高い場合などで高いボールを打ちたい場合は、右足を置く部分を少し深く掘ります。逆に風などが強い場合は低い玉を打ちたいときは、左足の砂を深めに掘って立ちます。しっかりと足場を作って、滑らないようにしましょう。

 

スイングはコンパクトに当てにいく

バンカーの中ではちょっとしたダフりでも命取りになります。砂の抵抗を甘く見てはいけません。そのため、コンパクトなショットで正確に当てることに神経を集中しましょう。できればフルスイングは避けたいところで、スリークォーターにとどめます。軸のブレなどわずかな狂いが、ボールに大きく影響してしまうため、あえて砂の上での練習を進めるプロゴルファーもいるぐらいです。

【ゴルフ】クロスバンカー捕まってしまった場合のリカバリーショット関連ページ

【ゴルフ】深いガードバンカーに捕まってしまった場合のリカバリーショット
ガードバンカーとは、グリーンの周りに配置されているバンカーのことです。グリーンをガードするように配置されていることから、この名称で呼ばれます。土手の高さが高い場合や目玉になっている場合は、クラブフェースを開くなどして特別の打ち方が必要となります。
【ゴルフ】ラフからのショットはフライヤー現象に注意する
ショットがずれてラフに入ってしまうことは、ゴルファーならだれしもあるはずです。ラフからのショットは基本的には、芝の抵抗で飛距離が出ないですが、浅いラフでボールが上に乗っているような状態ではフライヤー現象といって、逆にボールが飛びすぎる場合があります。
【ゴルフ】ディボット跡にはまってしまった場合は、パンチショットで対応する
ディボット跡にはまったといっても、どういうふうにはまっているかでショットの難易度が全然異なります。やっかいなのは右淵にボールがはまっている場合です。この場合ラフなどのように手前の芝ごと刈り取るようにして打つのも困難で、パンチショットで対応します。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ