【ゴルフ】深いガードバンカーに捕まってしまった場合のリカバリーショット

ガードバンカーとは

ガードバンカーとは、グリーンの周りに配置されているバンカーのことです。グリーンをガードするように配置されていることから、この名称で呼ばれます。ここにつかまってしまった場合、ピンが近くに見えているため、無理してでも狙いたくなってしまいます。しかし、ボールが砂にめり込んでいる目玉のような状態だったり、土手が非常に高い場合は、ピンとは逆の方向に打たなければならないなど、悔しい思いをします。

 

ときには引くことも大切

とても深いガードバンカーで素人にはピン方向に打つのはとうてい難しいような場合が多数あります。まず自分の力量を知っておかなければなりません。無理をして土手を越えることができなければ、無駄に打数を消費してしまうことになりかねません。「引くところではきちんと引く」、これもゴルフには大切なことです。

 

バンカーショットでボールを高く上げるには

ガードバンカーにつかまった場合のリカバリーショットについて学びましょう。高めの土手があって、ボールを高くあげたい場合を想定します。クラブフェースを開いてスタンスをオープンにします。クロブフェースのフェースの開き方は次のサイトを参考にしてください。

 

 ⇒ クラブフェースの開き方

 

クラブフェースを開くことで砂の抵抗が少なくなり、またボールを高く上げることができます。アドレス時の体重は左足に強めにかかるようにします。こうすることによって、クラブヘッドが上から入るため、ボールが高く上がりやすくなります。また、顔の向きは打ち終えるまで変えないように我慢することで、インパクトのブレを防ぐことができます。

【ゴルフ】深いガードバンカーに捕まってしまった場合のリカバリーショット関連ページ

【ゴルフ】クロスバンカー捕まってしまった場合のリカバリーショット
クロスバンカーに捕まってしまったら、そのままグリーンを狙うのか、それともとりあえず安全に刻んで次のショットにかけるかの決断に迫られます。その決断の根拠としてまずは情報収集することはかかせません。またしっかりとした足場を作ることも大切です。
【ゴルフ】ラフからのショットはフライヤー現象に注意する
ショットがずれてラフに入ってしまうことは、ゴルファーならだれしもあるはずです。ラフからのショットは基本的には、芝の抵抗で飛距離が出ないですが、浅いラフでボールが上に乗っているような状態ではフライヤー現象といって、逆にボールが飛びすぎる場合があります。
【ゴルフ】ディボット跡にはまってしまった場合は、パンチショットで対応する
ディボット跡にはまったといっても、どういうふうにはまっているかでショットの難易度が全然異なります。やっかいなのは右淵にボールがはまっている場合です。この場合ラフなどのように手前の芝ごと刈り取るようにして打つのも困難で、パンチショットで対応します。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ