【ゴルフ】ラフからのショットはフライヤー現象に注意する

浅いラフではフライヤー現象が起こる場合も

ショットがずれてラフに入ってしまうことは、ゴルファーならだれしもあるはずです。ラフからのショットは基本的には、芝の抵抗で飛距離が出ないですが、浅いラフでボールが上に乗っているような状態ではフライヤー現象といって、逆にボールが飛びすぎる場合があります。

 

芝の抵抗を少なくするには力を抜いて打つ

まずはラフの中のボールの状態を確認してフライヤー現象が起きるかどうか判断しましょう。フライヤー現象が起きそうでしたら、クラブをひとつ小さいものに変えるなどして対策を打ちましょう。深いラフの場合はフライヤー現象はまず起きません。芝の抵抗は非常に強く、ボールは上がりにくいし、飛距離もでません。芝の抵抗を想定していつもよりも強く打とうと思いがちですが、やっかいなことに力を入れれば入れるほど、芝の抵抗は強くなります。抵抗を少なくするためには、力を抜いてゆっくりをクラブを振る必要があります。

 

抵抗でクラブフェースがズレないように注意する

深いラフでいくら力を抜いてゆっくりと打っても、芝の抵抗がなくなるわけではありません。そのため、芝にひっぱられてクラブフェースの向きがずれてしまったりすることがあります。その対策として、左手のグリップをいつもより少し強めに握るようにしてインパクトでブレないように注意してください。また、フェアウェイのショットのようにボールを直接捉えることはできません。ボールの手前の芝ごと打つつもりでショットするようにしましょう。

【ゴルフ】ラフからのショットはフライヤー現象に注意する関連ページ

【ゴルフ】クロスバンカー捕まってしまった場合のリカバリーショット
クロスバンカーに捕まってしまったら、そのままグリーンを狙うのか、それともとりあえず安全に刻んで次のショットにかけるかの決断に迫られます。その決断の根拠としてまずは情報収集することはかかせません。またしっかりとした足場を作ることも大切です。
【ゴルフ】深いガードバンカーに捕まってしまった場合のリカバリーショット
ガードバンカーとは、グリーンの周りに配置されているバンカーのことです。グリーンをガードするように配置されていることから、この名称で呼ばれます。土手の高さが高い場合や目玉になっている場合は、クラブフェースを開くなどして特別の打ち方が必要となります。
【ゴルフ】ディボット跡にはまってしまった場合は、パンチショットで対応する
ディボット跡にはまったといっても、どういうふうにはまっているかでショットの難易度が全然異なります。やっかいなのは右淵にボールがはまっている場合です。この場合ラフなどのように手前の芝ごと刈り取るようにして打つのも困難で、パンチショットで対応します。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ