【ゴルフ】ディボット跡にはまってしまった場合は、パンチショットで対応する

ボールがディボット跡はまることも

ティーショットがフェアウェイのど真ん中、ナイスショットで気分も盛り上がっております。ところが、いざボールに近づいているとディボット跡にはまっていて、がっくしっといったケースも長いゴルフ人生の中では無きにしもあらずです。ディボット跡はだれかがショットを打って芝がはがれてしまった部分のことをいいます。

 

6インチリプレース

ローカルルールに6インチリプレースといったものがあり、グリーン、バンカー、池以外で6インチだけはボールを動かしていったものですが、これを適応できれば、ディボット跡から出して打てば済みます。もしこのルールがない場合は、はまったボール気を取り直して打たなければなりません。

 

ディボット跡からのショット

ディボット跡にはまったといっても、どういうふうにはまっているかでショットの難易度が全然異なります。跡の左のほうにボールがあれば、それほどやっかいではなく、いつもと同じように普通に打つことができます。やっかいなのは右淵にボールがはまっている場合です。この場合ラフなどのように手前の芝ごと刈り取るようにして打つのも困難で、パンチショットで対応します。

 

パンチショットはアドレスでのボールの位置をいつもより右足のほうに寄せて、ボールを上から押しつぶすようなイメージで打つショットで、完全に振りぬかず、3時ぐらいの位置でクラブをとめます。やや難易度が高く、上級者向けのスイングといえます。弾道が低くなるため、風の強い日で影響を受けたくないときなどに使用します。ディボット跡でパンチショットを使用すれば、芝と土の段差をうまく交わして打つことができます。飛距離は出ないので、クラブはひとつ大きめのものを使用します。

【ゴルフ】ディボット跡にはまってしまった場合は、パンチショットで対応する関連ページ

【ゴルフ】クロスバンカー捕まってしまった場合のリカバリーショット
クロスバンカーに捕まってしまったら、そのままグリーンを狙うのか、それともとりあえず安全に刻んで次のショットにかけるかの決断に迫られます。その決断の根拠としてまずは情報収集することはかかせません。またしっかりとした足場を作ることも大切です。
【ゴルフ】深いガードバンカーに捕まってしまった場合のリカバリーショット
ガードバンカーとは、グリーンの周りに配置されているバンカーのことです。グリーンをガードするように配置されていることから、この名称で呼ばれます。土手の高さが高い場合や目玉になっている場合は、クラブフェースを開くなどして特別の打ち方が必要となります。
【ゴルフ】ラフからのショットはフライヤー現象に注意する
ショットがずれてラフに入ってしまうことは、ゴルファーならだれしもあるはずです。ラフからのショットは基本的には、芝の抵抗で飛距離が出ないですが、浅いラフでボールが上に乗っているような状態ではフライヤー現象といって、逆にボールが飛びすぎる場合があります。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ