初心者のためのゴルフ講座のTOPに戻る
「初心者のためのゴルフ講座」トップ >  アプローチについて > 【ゴルフ】アプローチの基本的な3つの球筋とそれぞれのアドレスと打ち方

【ゴルフ】アプローチの基本的な3つの球筋とそれぞれのアドレスと打ち方


アプローチでは基本的にはまず転がしていけるかどうかを考えますが、状況に応じてボールの高さを変える必要があります。基本的には3つの球筋があり、転がし主体のランニング、ある程度ボールを上げてから転がすピッチエンドラン、球を高く上げてピタッと落とすピッチショットがあります。

ランニング

ランニングではアドレスで、ボールを右側におきます。右足のつま先ぐらいまでもっていき、スタンスは開かないようにします。体重は左足にかけ、手の位置が進行方向の前にきてシャフトが斜めになる状態のハンドファーストとなります。打ち方はコンパクトなスイングで、上からボールを打つような感覚です。

ピッチエンドラン

ピッチエンドランではスタンスは少しだけ開きます。体重はやや左足にかけ、ボールは両足のちょうど間あたりにおきます。ランニングのときほどではないですが、ハンドファーストの構えをとります。ボールを上げるのですが、フェースは開かないようにします。ボールの高さが打つたびに毎回異なるようだと、このショットは安定しません。いつも同じ高さ程度のボールが打てるように練習しておきましょう。

ピッチショット

ピッチショットではオープンスタンスを取って体重は両足の中心にかけます。ボールの位置は左足のかかとの前辺りに配置します。上の2つのアプローチではハンドファーストでしたが、シャフトは垂直にしてフェースを開きます。打つときはインパクトするまでは体重は真ん中にかけたまま動かないようにしましょう。体重が左右に動くとミスショットの原因となります。