ラフからのアプローチは毎回抵抗が変わってくるので難しい

アプローチといってもいつもいい状態の芝から打てるとも限りません。ときにはバンカーからだったり、ラフからだったりすることもあります。グリーンそばのガードバンカーからのアプローチでしたら、プロの技術ならそれほど難しいものではありません。それだけプロはバンカーからのアプローチを練習しているからで、プロとアマチュアに差がつくところとなります。

ラフからのアプローチはプロにも厄介

ラフからのアプローチは状況にもよりますが、プロにも厄介なものとなります。それはラフの長さなどによって、いつも同じ抵抗で打てるわけではないからです。アプローチは基本的に転がすほうがやさしいですが、ロフトの立ったクラブで転がそうとするとラフの抵抗が強すぎてうまく打つことができません。そういったところもラフからのアプローチを難しくしている原因となります。

ラフからのアプローチのなかでも一番難しいケース

ラフからのアプローチのなかでも一番難しいのは深いラフでしかも逆目の場合です。順目の場合ならウエッジのフェースを開いてボールの手前からダフるように打つことで対処できます。しかし逆目でこれをやろうとすると、抵抗が強く、手前でつっかえてしまったりします。この場合は、高度な技術が必要ですが、上からボールを直接叩きつけるような感じで打つようにします。ただし、プロでも難しいショットで、もし成功したら儲けものぐらいに考えておきましょう。

ラフからのアプローチは毎回抵抗が変わってくるので難しい関連ページ

【ゴルフ】アプローチはフェースにボールを乗せて、ターゲットにを落とす
アプローチは飛距離の出ない女子ゴルファーやシニアのゴルファーにとっては重要なショットとなります。ドライバーショットのミスは、リカバリーショットがうまくいけば意外と取り戻すことができたりします。しかし、アプローチの失敗は高い確率で一打の損失となってしまいます。
アプローチは基本的に転がすほうが安全だが、状況により上げる必要もある
アプローチは直感も大切ですが、なにか基準をもっておくとよいでしょう。途中にバンカーなどの障害物がなければ、なるべく転がしていくほうが安全です。7番、8番あたりを使用すれば、ボールもかなり転がりますが、得意な一本を決めておくとよいでしょう。
【ゴルフ】アプローチの基本的な3つの球筋とそれぞれのアドレスと打ち方
アプローチでは状況に応じてボールの高さを変える必要があります。基本的には3つの球筋があり、転がし主体のランニング、ある程度ボールを上げてから転がすピッチエンドラン、球を高く上げてピタッと落とすピッチショットがあります。
アプローチの際にグリーンのラインをどれぐらい読む必要があるのか
アプローチの際も基本的にグリーンのラインは読む必要があります。直接カップを狙っていくのなら、パットと同様に綿密にラインを読まなくてはなりません。ただ、直接カップを狙わない場合は、おおざっぱに登りくだりを読む程度で十分で、ショットの力下限に集中するべきです。
【ゴルフ]バンカーを越えてカップがすぐにあるようなアプローチ
バンカー越えのショットでカップがバンカーと近い位置にある場合は、難しいショットとなります。こう言った場合は高くボールをあげて、ボールが転がらないように止めるようにするのが基本ですが、これがなかなかうまくはいかないものです。このショットは難しいので緊張して普段より力が入らなかったりします。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ