【ゴルフ】パッティングで重要なことと簡単で大きな効果のある準備

パッティングで重要なこと

パッティング重要なことは、とにかく3パットはしないようにすることです。そのためにはロングパットになった場合、1打目のパットでどれだけカップに近づけることができるかが鍵となります。グリーン上はいろいろな傾斜があり、ボールがまっすぐカップまで進んでくれることはほとんどありません。まずはグリーンの傾斜を見て、ラインを読むことになります。

 

ラインを読んだら、ライン上の曲がりの頂点を仮の目標点と定めましょう。打つときは、その目標に向かって打ちます。カップは実際の大きさよりも大きく直径1mぐらいで考えて、そのなかに入れるつもりで打つことを考えましょう。次のパットで確実に沈められる位置まで来たら、よしとします。

 

打つ前の素振りは簡単で絶大な効果

力下限は頭の中ではわかっているのですが、実際に打ってみると緊張のあまり弱くなってしまったりなどしがちです。それを防ぐ方法として、簡単なことですが打つ前に素振りをすることをおすすめします。素振りは実際に打つときの力下限でしっかりと丁寧に行いましょう。そして素振りの感覚を体が覚えているうちに実際のパットに望みます。素振り無しでいきなり打とうとすると、「クラブはこの高さぐらいかな。いやもう少しかな。」などと打っているときに迷いが生じてしまいがちです。直前の素振りを手を抜かずにしっかりやることは簡単で、大きな効果が期待できますので、ぜひ、試してみてください。

【ゴルフ】パッティングで重要なことと簡単で大きな効果のある準備関連ページ

【ゴルフ】パッティングでのラインの読み方と登り下りでの打ち方の注意点
パッティングにおいてラインを読む際ですが、まず登りか下りかはすぐに判断がつくと思います。そこからは、下りだと判断した場合は、ボールの後ろにきてしゃがんでみるとラインが読みやすくなります。逆に登りの場合は、ボールの後ろで立ったままのほうがラインが読めます。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ