【ゴルフ】パッティングでのラインの読み方と登り下りでの打ち方の注意点

登りと下りでのラインの読み方の違い

パッティングにおいてラインを読む際ですが、まず登りか下りかはすぐに判断がつくと思います。そこからは、下りだと判断した場合は、ボールの後ろにきてしゃがんでみるとラインが読みやすくなります。逆に登りの場合は、ボールの後ろで立ったままのほうがラインが読めます。

 

カップ周辺は微妙なラインが重要

カップ周辺のラインは非常に重要です。なぜなら、カップ近くまでボールが転がってくると、勢いは非常に弱くなっているため、微妙なラインの影響を受けやすくなるからです。芝目も見ておきましょう。カップの中に向かって芝が伸びていれば順目であり、ボールがよく転がり、逆目では転がりが鈍ります。芝にはコーライ芝とベント芝があることを覚えておきましょう。この2つの芝では転がり方が全然違います。コーライ芝ではかなり抵抗がありますが、ベント芝はまるでガラス板のようによく転がります。

 

登りのラインでの打つときの注意点

登りのラインでは打つときに、平らな面のときよりもボールが近くに見えます。その影響のため、インパクトのときに左肩が上がってしまう傾向がありますが、こうなってしまうと打つ力が弱まってしまうので、ショートしてしまいます。その辺に注意して打つようにしましょう。

 

下りのラインでの打つときの注意点

下りのラインでは抑えようという意識が働きすぎて、右肩が前に出てインパクトしてしまう傾向があります。こうなってしまうと思ったよりもショートしてしまう結果となります。注意しましょう。

【ゴルフ】パッティングでのラインの読み方と登り下りでの打ち方の注意点関連ページ

【ゴルフ】パッティングで重要なことと簡単で大きな効果のある準備
パッティングで重要なことは、とにかく3パットはしないようにすることです。そのためにはロングパットになった場合、1打目のパットが鍵となります。また、直前に丁寧に素振りをすることは加減のミスなどを防ぐのに大きな効果があります。

お気に入り追加

人気ページランキング


逆アクセスランキング

お問い合わせ